技能の継承

職人塾

東京都は、「親方と弟子」という形で若者に「職場体験実習」を行う機会を提供する「職人塾」を実施しています。若者が優れた職人技を目にし、職人の指導のもと「ものづくり」を実際に体験することで、ものづくり職種への理解を深めるきっかけとするとともに、技能の継承、後継者の育成にも結びつけていくことを目的としています。今回は、以下のとおり塾生を募集します。

事業概要

対象

 34歳以下で、現在仕事に就いていない方、または臨時的な職に就いている方

定員

 40名(職種により希望者が集中した場合受講できないこともあります。)
     (定員に達し次第〆切になります。)

体験期間

 概ね1ヶ月(20日程度) 6月中旬から随時実施予定です。

職種

 全24職種(予定)

 貴金属装身具、手描友禅、江戸表具、畳製作、
 印章彫刻、木工塗装、日本調理、洋裁、造園、和裁、
 建具製作、いす張り、内装仕上げ、家具製作、
 タイル張り、本染手拭(ほんぞめてぬぐい)、捺染(なっせん)、和竿製作、東京三味線、
 江戸指物(えどさしもの)、建築大工、伊勢型紙、江戸扇子、江戸木版画

申込み

 東京都職業能力開発協会が実施する説明会に予約し、
 参加したうえで、お申込みください。

 [説明会予約開始日] 5月31日(木)~
 [申込先] 東京都職業能力開発協会
       (千代田区飯田橋3-10-3 東京しごとセンター7階)
        電話 03-5211-2353

 詳細は、東京都職業能力開発協会のHPをご覧ください。
 東京都職業能力開発協会ホームページ(外部リンク)

職場体験実習までの流れ

参加者の声

  • 職人の技を間近で見ることが出来て、改めて感心した。
  • 第一線で活躍しているプロに、魏j門に思った事をすぐに聞ける環境が良かった。
  • 技術・技能以外にも、プロとしての仕事に対する考え方などを教えて頂き、今後の職業選択に大変参考になった。
  • 実力に合わせて指導していただいたので、わかりやすかった。

実習風景

伊勢型紙
(着物などの染物の柄を染める時に使う型紙を作ります。)

伊勢型紙の画像

江戸指物
(鉄の釘などを使わず伝統的な技法で文机、鏡台などの和家具を作ります。)

江戸指物の画像

畳製作
(和室には欠かせない畳を伝統的な技法で作成または張り替えを行います。)

畳制作の画像

29年度 職人塾 事業実績

職場体験
 12職種 22事業所で実習を実施
職場体験参加者数
 36名

ページのトップへ