Tokyo Metropolitan Vocational Skills Development Center

東京都 東京障害者職業能力開発校

OA実務科

視覚は不自由でも資格と就職
はここ!「OA実務科」

訓練科の概要

重度視覚障害者用の専用機器を使用して、文書作成、データ処理や通信作業等、OA機器を使用した事務処理に必要な実務的知識・技能を学びます。新しい生活への第一歩を踏み出すこと、それはチャレンジ!
なお、当科は重度視覚障害者専門の教育訓練機関で実施しています。

科目データ

科目名 OA実務科
定員 5名(うち新規学卒 若干名)
訓練期間 1年
対象者 重度視覚障害者
入校時期 4月
備考

 OA実務科は都内の重度視覚障害者専門の教育訓練機関である「日本盲人職能
 開発センター(最寄駅:JR四ツ谷)」に委託して実施しています。
OA実務科を運営している日本盲人職能開発センターのホームページへリンク

訓練風景(イメージ)

OA実務科の訓練風景イメージ1 OA実務科の訓練風景イメージ2

視覚補償の設備

  • 画面読み上げソフト(PC-TALKER、JAWS)
  • 点字プリンタ
  • 文字拡大ソフト(ZoomText)
  • 拡大読書器

訓練内容

【1400時限】

区分 教科目名 標準
時限数
訓練内容
学科及び実技 社会・経済 140 経済・政治、企業活動の理解
国語 40 漢字活用・文章作成能力の付与
英会話 90 英会話基礎
一般教養 50 社会人として必要なマナーを習得
コンピュータリテラシー 30 業務とシステム環境整備・運用管理等
ビジネス概論 60 就職活動・企業組織の機能や業務の流れの理解
簿記 115 商業簿記(3級程度)
社会保険 45 社会保険制度
マーケティング・流通 70 消費者・企業の動向
点字 80 点字、漢字コード
視覚補償機器 35 スクリーンリーダ、文字拡大、音声ブラウザ等
文書処理(Word) 100 文書処理、ビジネスレター作成
データ処理(Excel、Access) 205 表計算・データベースの業務利用
HTML 30 インターネット・メール・ホームページ作成
速記 30 速記
その他の科目 280

取得を目指す資格

秘書検定
日商PC検定試験(文章処理、データ活用)

主な就職先

製造業、販売業、サービス業、金融業などの一般事務職、地方公務員

▲ページのトップへ