企業における取組の発信・支援

東京都障害者雇用優良企業登録事業

障害者を率先して雇用しその能力活用に積極的な中小企業を登録し、その取組を広くホームページ等で周知することで障害者雇用の一層の拡大を図ります。

東京都障害者雇用優良取組企業の顕彰制度

障害者雇用の特色ある優れた取組みを行っている企業に「障害者雇用エクセレントカンパニー賞」を授与するとともに、好事例を広く都民に周知し、障害者の雇用を促進していきます。

障害者雇用促進支援事業

ビジネスとの両立を図りながら障害者雇用の拡大等に取組む中小企業等に対し、障害者の雇用環境整備及び経営支援に関する専門家によるアドバイスを行うとともに、資金調達や障害者の能力開発に関する支援をモデル的に行う「障害者雇用促進支援事業」を、平成30年度より開始します。

中小企業障害者雇用応援連携事業

東京都では、国(東京労働局、ハローワーク)と連携し、障害者雇用に精通した支援員が障害
者雇用を進めていく必要のある中小企業を個別訪問し、企業のニーズに応じた情報提供や支援
メニューの提案を行う「中小企業障害者雇用応援連携事業」を実施します。
詳細は概要資料をご覧ください。

重度障害者雇用モデル企業のご案内

民間活力を導入して経営を維持しながら、重度障害者がその能力を十分に発揮できるような様々な配慮を行った「第三セクター方式の重度障害者雇用モデル企業」の育成事業を進め、障害者の雇用の場の拡大を図るとともに、特例子会社制度の普及啓発に努めています。

職場内障害者サポーター事業

東京都は、企業における自立的な障害者支援を推進するため、企業の人事担当者や障害者と
一緒に働く職場の社員を対象に、「職場内障害者サポーター養成講座」を実施します。
 講座修了者が職場内障害者サポーターとして、職場の障害者を6か月間支援した場合は、奨
励金を支給します

ページのトップへ