【お知らせ】電気設備点検に伴い、城南職業能力開発センター大田校では11月5日(月)13時から同日16時まで、中央・城北職業能力開発センター板橋校では11月5日(月)9時から同日15時まで全館停電となります。大変ご迷惑をおかけしますが、上記時間帯は電話・FAX・メール等が不通となりますのでご了承ください。

【東日本大震災関連情報】  ■震災関連 東京都の緊急雇用就業支援

【インターネット申込フォームについて】  ■脆弱性が指摘されている暗号化方式「SSL3.0」を停止しました。

【熊本地震関連情報】  ■熊本地震に関連する労働相談 Q&Aを作成しました。

企業における取組の発信・支援

有限会社クリーニングフランセ

  • 所在地:東京都足立区栗原三丁目25番12号
  • 企業URL:なし
  • 従業員数:8名

 

障害者雇用の経緯

  • 元々、障害者雇用そのものは、家族で経営している会社にて昭和55年頃から行っていたが、クリーニングフランセが設立され、更なる障害者雇用に尽力したいと考えていたところ、厚生労働省の知人から助言をいただいたこともきっかけとなってハローワークへの求人から雇用へと繋がっていった。

障害者雇用の目的

  • 障害者の社会進出を支援する。

 

雇用等のための取組

  •  障害者本人の適性を見て、簡単な作業から任せ、時間をかけて作業を覚えさせるようにすることで、職場への定着に成功している。
  • 障害に応じた作業機械や環境の改良に努めている。

 

訪問レポート

 有限会社クリーニングフランセは主に一般家庭からの依頼により、クリーニング及びプレスを行っている会社です。

 平成元年に設立され、平成19年には就労継続支援A型事業所としての認定をうけました。2名の障害をお持ちの方が社員として働いていらっしゃいますが、このお二人自身がA型事業所の利用者の方の管理業務や作業指導をされており、お手本となって先頭に立たれています。

 作業所には、メーカーに依頼し改良の行われた作業用機械が置かれ、さまざまな障害種別の方にも作業の行い易い環境となっています。 

<障害者雇用にあたって>

 理事長 瀧 賢二氏の幼少時代の経験(どもり等があり、うまく話すことができず苦労されたこと)から、将来は障害を持つ方のためになることを行いたいといった目標を、会社としても掲げており、ご家族で経営されている別会社の株式会社ハマウラにて早くから障害者の雇用を行ってこられたそうです。

 その後、クリーニングフランセが設立され、更なる障害者雇用に尽力したいと考えていたところ、厚生労働省の知人から助言をいただいたこともきっかけとなってハローワークへの求人から雇用へ、さらには就労継続支援A型と認定されるなど、障害者雇用の促進に貢献していらっしゃいます。 

<障害者の業務について>

 2名それぞれの担当業務はクリーニングのプレスや仕分け作業のほか、就労継続支援A型事業所として、その利用者の方々への作業指導、サービス管理となっています。

 「障害をお持ちの方の適性に合わせ、時間をかけて技術を習得させる」ということを第一とされているため、長く安定した雇用に繋がっています。

現在のクリーニングフランセ(2013年)昭和20年代のクリーニングフランセ

                                                       
訪問日:平成25年9月25日(水曜日)

 

 

 

 

ページのトップへ