働く女性の活躍支援

あなたの会社の
「不妊治療と仕事を両立支援」を応援します

東京都では、平成30年度より「働く人のチャイルドプランサポート事業」を開始しました!

働く人のチャイルドプランサポート事業とは

 東京都では、都内企業等における、従業員の不妊治療と仕事との両立支援のための雇用環境整備の取組を推進する企業等を応援します。
 不妊治療と仕事の両立支援をお考えの企業の皆様は、この機会に是非ご活用ください。

事業の概要

主な申請要件

  • 都内で事業を営んでいる企業等であること
  • 就業規則を作成して労働基準監督署に届出を行っていること
  • 不妊治療休暇制度、不妊治療休業制度、不妊治療のためのテレワーク制度等が就業規則その他規程に明文化されていないこと
  • 都内に勤務する常時雇用労働者を2人以上、かつ6ヶ月以上継続して雇用していること
  • 都のホームページへの企業名等の公表に同意していること
  • 申請日を起点として過去6ヶ月の時間外労働の平均が月80時間を超える従業員がいないこと
  • 企業等の代表者が本奨励金を利用または申請したことがないこと
※奨励金の支給を受けるためには申請要件をすべて満たす必要があります。詳しくは「募集要項」をご覧ください。

不妊治療と仕事との両立を支援する
働く人のチャイルドプランサポート制度整備奨励金」の交付(100社)

 企業等が不妊治療休暇制度及び不妊治療休業制度の整備に関し、都が定める必要な取組すべてを実施した場合に奨励金を交付します。

奨励金交付額

 ア  不妊治療休暇制度等整備事業 30万円 (以下の①②③⑤を実施)
 イ  不妊治療のためのテレワーク制度整備事業 +10万円(アと④を実施すると合計40万円)

奨励事業

 ① 都が実施する研修の受講   
 「不妊治療と仕事の両立に関する研修」を受講してください。

 ② 不妊治療と仕事の両立に関する社内相談体制の整備   
  
①の研修を受講した両立相談員(男女各1名)を配置してください。

 ③ 不妊治療休暇制度または不妊治療休業制度の整備   
  
以下いずれかの休業制度、または休暇制度を新たに整備し、就業規則等に明文化のうえ、
  労働基準監督署に届け出てください。    
   ● 不妊治療を理由に取得できる1年以上の休業制度   
   ● 不妊治療を理由に取得できる年5日以上の休暇制度

 ④ 不妊治療のためのテレワーク制度の整備   
  不妊治療のためのテレワーク制度を新たに整備し、就業規則等に定めると+10万円

 ⑤ 社内説明会の実施   
  ②の両立相談員を講師とし、全社員を対象に社内説明会等を開催し、①の研修で習得した不妊治療の
  基礎知識、③の不妊治療のための休業・休暇制度等を周知してください。また、説明会の受講者に対
  しチェックリストを用いた理解度の確認も実施してください。

※奨励金の支給を受けるためには申請要件をすべて満たす必要があります。「募集要項」をご覧ください。

奨励金の申請には事前エントリーが必要です。

  2回に分けて受付を行います。受付時間はいずれも受付日初日10時から受付日最終日17時までです。

  奨励金申請の事前エントリー受付は終了しました。 

受 付 日

奨 励 事 業 実 施 期 間

予 定 社 数

前 期 申 込

7月13日 (金)~ 7月20日(金)

9月1日 (土)~ 11月30日(金)

50社

後 期 申 込

10月15日(月) ~ 10月19日(金)

12月1日(土) ~ 2月28日(水)

50社

事前エントリーに関しての注意事項

  • 事前エントリーは先着順ではありません。
  • 事前エントリーに申込後、直ちに申請ができるわけではありません。予定社数を上回 る申込があった場合には抽選を行い、申請可能企業を確定します。
  • 申請可能企業確定のご連絡は、受付最終日から1週間以内にエントリーの際に入力いただいたEメールアドレスへ労働環境課から行います。抽選を行わなかった場合でも、必ず連絡します。事前エントリーの受付期間終了後1週間経過しても連絡がない場合は、企業の担当者が直接、申請受付場所へお問い合わせください。
  • 事前エントリーにおいては、企業名、所在地等を正確に記載していただく必要がある ため、企業の担当者が事前エントリーを行ってください。 (代理人によるエントリー不可)

申請

  ①申請書類提出方法・・・郵送、持参いずれも可能です。

  ②申請受付場所    
    東京都産業労働局雇用就業部労働環境課 雇用環境整備推進担当    
    所 在 地:〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1都庁第一本庁舎21階  
    電話番号:03-5320-4645(直通)

(郵送する場合)  
 ・簡易書留等、記録が残る方法により送付してください。

(持参する場合)  
 ・受付時間は、午前9時から正午、午後1時から午後4時(土日祝日を除く。)です。  
 ・持参する方は身分証明書(顔写真入りの氏名が確認できるもの)の提示をお願いします。  
 ※身分証明書が提示されない場合や顔写真のない証明書等を持参の場合には、申請企業に直接、委任の
  有無や代理人氏名等の確認をさせていただく場合があります。

(代理提出する場合)
 ・代理提出の場合は委任状(→様式P15)を必ず添付してください。
 ※委任状の「代理人氏名」には、書類を提出する方(窓口に持参する場合は、持参する方)の氏名を記
  載してください。

※詳細は「募集要項」をご覧ください。


「奨励金 募集要項」、「奨励金 交付要綱」及び「奨励金 交付要領」 について

※※※よくあるお問い合わせを掲載しました(10月25日)※※※

働く人のチャイルドプランサポート制度整備奨励金」の詳しい内容は「奨励金交付要綱」及び「奨励金交付要領」をダウンロードしてご確認ください。

平成30年度働く人のチャイルドプランサポート制度整備奨励金募集要項

働く人のチャイルドプランサポート制度整備奨励金交付要綱

働く人のチャイルドプランサポート制度整備奨励金交付要領

■様式■ 

1 交付申請

2 実績報告

3 チェックリスト

4 請求

5 変更

6 申請書類の書き方見本

不妊治療と仕事との両立を支援する 
「不妊治療と仕事との両立に関する研修」の実施

 不妊治療に関する基礎的な知識、両立に必要な人事労務上のポイントなど、従業員が働きながら治療をするための知識を2時間の研修で習得できます!

対象者

 都内企業の経営者、人事労務担当者等
 (※奨励金を申請する企業は、男女各1名の従業員の受講が必須です。)

実施日時・実施場所

  第1回  9月21日(金)14時~16時 : 全水道会館(「水道橋駅」JR東口 2分)

  第2回 10月11日(木)14時~16時 : 富士ソフトアキバプラザ「秋葉原駅」JR中央改札口 2分)

  第3回 10月24日(水)14時~16時 : 三鷹産業プラザ(「三鷹駅」南口 7分)

  第4回 11月 8日(木)14時~16時 : 全水道会館(「水道橋駅」JR東口 2分)

  第5回 12月12日(水)14時~16時 : アリアル会議室ANNEX(「五反田駅」JR西口 1分)

  第6回  1月10日(木)14時~16時 : 新宿三丁目貸会議室(「新宿駅」JR中央東口 3分)

  第7回  1月22日(水)14時~16時 : 三多摩労働会館(「立川駅」北口 3分)

  第8回  2月 5日(木)14時~16時 : 銀座ユニーク貸会議室(「東銀座駅」4番出口 1分)

実施回数

 8回 (各回2時間)

定員

 各回 50名程度

受講料

 無料

研修内容

 ● 不妊治療の概要に関すること 〔講師〕 医療関係者
  ・医療行為の内容や通院頻度、 身体的・精神的負担等

 ● 不妊治療と仕事の両立に関すること 〔講師〕 両立支援に知見を有する者
  ・働きながら治療を行う方の経験談や、治療経験者が企業に求めること
  ・両立可能な職場の雰囲気づくりに向けて

 ● 不妊治療と仕事の両立を支援する人事労務管理〔講師〕両立支援の専門家等
  ・企業における両立支援の取組紹介
  ・ハラスメント防止や具体的な人事労務管理ノウハウ等

詳細・お申込み

 研修のお申込みや詳細な内容は、下記の「働く人のチャイルドプランサポート事業」ホームページをご覧ください

「働く人のチャイルドプランサポート事業」
   専用ホームページ (http://www.childplan-kensyuu.metro.tokyo.jp/)

不妊治療と仕事の両立セミナー 参加無料!!

 開催は終了しました。ご来場まことにありがとうございました。

 不妊治療と仕事の両立に向けたノウハウ、支援の必要性などを発信する、都民向けのセミナーを開催します。参加無料でどなたでもご参加いただけます。ぜひ、ご来場ください!

 不妊治療と仕事の両立セミナー ご案内チラシ

開催日

 平成30年6月30日(土) 14時~16時(開場13時30分)

会場

 都民ホール 都議会議事堂1階
 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号

 ※「新宿駅」西口から徒歩約10分
 ※ 都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」A3出口から徒歩1分

 会場への交通案内はこちら(都民ホール

定員

 定員250
 ※事前申込制・定員に達し次第締切となります。

申込方法

 こちらの専用申込フォームからお申込みください。
 専用申込フォーム

 ※ 託児ルームを無料でご用意しております。
   なお、託児ルームのご利用を希望された方には、運営事務局より利用の可否等を後日ご連絡いたします。
  

基調講演

<テーマ>「産みたい&働きたい社会を実現するために 」

<講師>
  NPO法人Fine 理事長 松本 亜樹子 氏

 自身が体験した不妊の経験をきっかけに、平成16年にFineを設立して活動をスタート。翌年NPO法人格を取得。設立当初より理事長を務める。設立当初から、「現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会」とし、"不妊"が"特別" なことではなく、"普通に話せる"社会の実現を目指して活動。当事者の女性の心を癒す役割を果たすとともに、働きやすい、生きやすい環境整備に貢献。

厚生労働省「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査研究会」委員。
NPO法人Fineは、平成28年度東京都女性活躍推進大賞優秀賞を受賞。

パネルディスカッション

「企業の取り組み、当事者の願い」

<パネリスト>
・株式会社ファミワン 代表取締役 石川 勇介 氏
・日本航空株式会社 人材本部 田村 知子 氏
・富士ゼロックス株式会社 人事部 井野 博之 氏
・このほか、働きながら不妊治療を両立している女性の方も登場します。
<ファシリテーター>
 NPO法人Fine 理事長 松本 亜樹子 氏
 パネルディスカッションでは、基調講演講師に加えて、労使双方から4名のパネリストを迎えて、不妊退職を防止するための取組について意見交換を行います。不妊治療と仕事の両立に取り組んでいる方の実情や、先進的な取組を行う企業の実例を通して、治療と仕事の両立のために効果的な具体策を検討していきます。

ページのトップへ

お問い合わせ先

東京都産業労働局 雇用就業部
労働環境課 雇用環境整備推進担当
電話:03-5320-4645